FAQ よくある質問と回答

電子制御式 クルコン

ご自分のお車のスロットル制御方式をご確認下さい。
もしワイヤー式の場合はワイヤー式クルコンのFAQ をご覧下さい。

目次

Q1.クルーズ中ブレーキを踏めばキャンセルされますか?

もちろんキャンセルされます。クルーズコントロールには必須の機能です。

Q2.車がLEDのブレーキ灯には専用リレーが必要と聞きました。

以前のモデルは専用リレーが必要でしたが、現在販売しているモデルにはLEDブレーキ灯の制御機能が御座いますのでリレー音は全くございません。 ブレーキ灯が純正LED、社外LED、通常のバルブ(電球)、どの様なタイプのブレーキ灯でも問題なく取り付けて頂けます。 (2010/12/1以降出荷分)

Q3.ブレーキキャンセルの配線など接続不良(断線)になった場合キャンセルできない状態でクルージングしてしまうのではないかと不安です。

リニアクルーズは本体からブレーキ配線(ブレーキ電源線含む)を監視しておりますのでブレーキ配線が断線した場合はクルーズしないよう設計されております。その様な事は絶対にありませんのでご安心下さい。

Q4.電源や制御の配線など接続不良になった場合暴走するのではないかなど不安があります。その辺は対策されておりますか?

車種にもよりますが付属部品でほとんどの車種に取付けできますが、付属のステーや部品などを加工したり当社でも販売しておりますワイヤーキットなどを利用して専用部品を作る方が簡単で確実に取付けできます。

Q5.高速道路などのトロトロ渋滞にも利用できればと思っております。 何キロぐらいからクルーズできますか? また、何キロまでクルーズできるのでしょうか?

リニアクルーズはクルーズできる範囲の設定値を変更できます。 本機はパルス値で制御しておりますので何キロ~何キロまでという様な設定の仕方ではありません。 おおよそでキロ表現致します。
車種により誤差はありますが最低巡航速度は15km/h~20km/hぐらい。(実測)
最高巡航速度は140km/h~その車の最高速度まで。 (理論値表現であり実測はしておりません)
15km/h~20km/hぐらいであれば市街地の渋滞でも対応できるぐらいの低速度ですので十分だと思います。

Q6.自分の車のスロットル制御方式が分かりません。確認方法を教えて下さい。

アクセルペダルの根元を見て確認して頂くか、ディーラーなどでもご確認頂けます。

アクセルペダルの根元にワイヤー引き機構があればワイヤー式。
ペダルの根元に黒いセンサーボックス等がありワイヤーハーネス(電線)のコネクターが接続されていれば電子スロットル式です。

Q7.純正でオートクルーズコントロールが搭載されていない車輌ですが取付できますか?

取り付け可能です。
本機は純正でクルーズコントロールの設定が無い車輌でも取り付けできます。

Q8.純正のクルコンが着いておりますが取付できますか?

取り付け可能です。
本機は純正クルコンとは別に追加で取り付けいたします。
(ペダルを踏んでいる事を物理的に確認する機能のある車輌を除く)

Q9.純正クルーズコントロールにレーダークルーズ(前車追従機能)があります。リニアクルーズを取り付けできますか?また機能は失われませんか?

アクセルペダルとエンジンコンピューターとの間に接続して、右足で踏むアクセルペダルの変わりに本機が制御いたしますので純正クルコンでクルーズ中にアクセルペダルを踏むのと全く同じ事になります。すなわち純正の追従機能が失われる事はございません。(ペダルを踏んでいる事を物理的に確認する機能のある車輌を除く)

純正クルコンでは追従機能を働かせて、更に本機を動作させれば、純正(100km/h以下)、本機(100km/h以上)という同時利用が最も有効的な利用方法です。

Q10.純正スイッチや輸出車用の純正スイッチを利用してリニアクルーズLC310を操作する事はできますか?

はい、対応可能な物が多くございます。
本機には学習できる特殊なプログラム機能を内蔵させております。
結線させた後にスイッチと本機操作により学習させ利用可能になります。
もちろん切断して結線となりますので元のオーディオ関連の操作はできなくなります。
接続には自動車電装の知識や技術があるプロの方に依頼される事をお勧めいたします。

※車輌やスイッチなどの条件により学習できず利用できないものもございます。

Q11.純正ステアリング内にオーディオを操作するボリュームスイッチやソース、モードなど、ボタンがいくつかありますが、このボタンを利用してリニアクルーズLC310に接続させ制御できますか?

はい、対応可能な物が多くございます。
本機には学習できる特殊なプログラム機能を内蔵させております。
結線させた後にスイッチと本機操作により学習させ利用可能になります。
もちろん切断して結線となりますので元のオーディオ関連の操作はできなくなります。
接続には自動車電装の知識や技術があるプロの方に依頼される事をお勧めいたします。

Q12.純正クルコンの速度リミッター解除はできますか?

できません。
本機は純正クルコンを制御する物では御座いません。
後付で追加する物です。

Q13.私の車はCAN-BUS通信で多くの機能が制御されております。 その為、車速信号やエンジン回転信号などの配線を取り出す事が難しいです。取付する方法はございますか?

本機には既に世界各国の自動車メーカー(欧州車中心)のCAN-BUS情報(開発途中)が内蔵されておりますので、車速、エンジン回転信号、ニュートラル、ブレーキの制御信号をCAN-BUSから収集できますので直接各箇所へ配線接続する必要がなくなります。(既に動作確認が取れている車輌もございます)

CAN接続含タイプをご要望の場合は直接お電話にてお問い合せ下さい。
おおよその適合可否を含め時点での最新プロトタイプを出荷させて頂きます。(CAN接続での動作保証はできかねます)

Q14.クルーズコントロールとリミットコントロールを同時に使用できますか?
また、どの様に操作して切り替えますか?

同時に利用はできません。
どちらかのモードでしかご利用いただけません。
ON/OFFボタンを短押しでクルコン、長押しでリミコンのモードに入ります。

Q15.クルーズ中に速度調整はできますか?

1押し1km/h単位で上下に細かく自由に調整できます。
クルーズコントロールの『コントロール』はこの調整を意味します。
調整できない物は世界中でコントロールと表現されておりません。

Q16.リミットコントロールのリミット中に速度調整はできますか?

クルコン同様に調整できます。
上下に短押しで1押し1km/h単位で調整。
上下に長押しで1押し10km/h単位で調整。

Q17.適合車種の一覧に私の車が載っておりませんが取付できませんか?

現在ほとんどの車種で動作の確認が取れてきております。
トヨタ・ニッサン・ホンダは現在までに100%の動作確認が取れております。(一部の古い電子制御式や24V車などを除く)
スズキ・スバル・マツダ・ミツビシも高い動作確認が取れておりますのでご安心下さい。

提携店のご協力やお客様の結果などを参考に適合を進めておりますが動作確認をお待ち頂く場合はかなり時間がかかりますので当社ではお客様にて簡単に動作確認ができる『お試しクルコンBOX』の貸し出しを行っております。(基本的にはご購入と同時貸し出しとなります)

車種や情報内容に寄っては先にお試しをして頂いた後に購入して頂く場合もございます。

Q18.『お試しクルコンBOX』を借りたいのですがどの様にしたらいいですか?

下記①,②の情報を拝見させて頂きます。

① 車検証のコピーもしくはお車の型情報(メーカー、車名、年式、型式、原動機の形式、グレードなど)をFAXもしくはメールに添付して下さい。
② アクセルペダルポジションセンサーのコネクター形状,配線色,配線位置が分かる写真数枚(メール添付もしくは携帯写メールでも可)

①,②の内容で問題が無ければ下記③の情報を拝見させて頂きます。

③アクセルペダルポジションセンサーの各配線内容が分かる配線図(配線色,コネクタ内の配線位置,各配線の役割←これが重要です)ディーラーから直接FAXもしくはお客様に て入手後FAXかスキャン後メール添付どちらでも構いません。 (入手が難しい場合は未確認のままお試し頂くことにご理解頂ければお貸ししております)

①②③の情報内容は全てお客様の方でご用意して頂いております。

Q19.ディーゼル車へ取付可能ですか?

アクセルペダルポジションセンサーの代わりにECUへ擬似信号を送り制御する為ガソリン車,ディーゼル車,ターボ車、ハイブリッド車、電気自動車などエンジンタイプは動作には関係無く適合車種であれば動作致します。

Q20.24V車へ取付可能ですか?

残念ですが本商品は12V車専用です。
24V車へはリレーとDC-DC変圧器を使用して配線することになります。
当社別売の24VDC-DC変圧器をお勧めいたします。

Q21.私の車はCVT車ですが取付可能ですか?

AT車(オートマ)
CVT車(ヴァリアブル)
DCT車(デュアルクラッチ)
MT車(マニュアル)
全てのミッションタイプに取り付けは可能です。

Q22.軽自動車へ取付可能ですか?

はい、可能です。 排気量に関係なく取付できますが軽自動車にはスロットル制御方式がワイヤー式の物が多くございます。 お車のスルットル制御方式がワイヤー式の場合は ワイヤー式クルーズコントロールが対応致します。

法人のお客様による製品やお取引に関するお問い合わせはこちら個人のお客様による商品、商品購入に関するお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る